子どもが遊ぶことの意味

スポンサードリンク

子どもが遊ぶことの重要性

遊んでばかりいないで勉強しなさい
親御さんがつい言ってしまう一言です。
うちの子どもは遊ぶことしか考えていなくて……
そんな悩みもよく聞かれます。

 

しかし子どもにとって遊ぶことは決していけないことではありません。
それどころか成長や発達に欠かせないものなのです。

 

遊びは体を鍛え、知能を鍛え、情緒を育みます。

また社会で生きていくにあたって最も重要な人間関係を築く力も養います。

 

それを考えると遊んでばかり」いる子どもは
つまりスクスクと成長している証拠。

 

全身を動かしながら心を楽しませながら生きていく上で必要なさまざまなことを身につけている最中なのです。

ですから勉強のほうが遊びよりも重要であるとは決して言えないのです。

遊びの中で身につけられること

遊びの中で身につけることができるのは

身体的な能力の向上です。

  • 鬼ごっこ
  • 追いかけっこ
  • すべり台やシーソー

など遊具を使った遊び
ボール遊びによって筋肉を発達させ瞬発力や持久力を養うことができるのです。

 

こればかりは机上の勉強ではどうにもなりません。

危険から身をかわす能力、瞬時に判断する能力なども遊びの中で養われていきます。

 

知的な能力や情緒的な豊かさも遊びの中で豊かに養われます。
屋外遊びだけでなく、ごっこ遊びやおままごとなどの屋内の遊びによっても培うことができます。

 

人間関係を築く能力も育ちます。

遊びは一人でもすることができますがお友だちと一緒に遊び
ときにはけんかもし、意見の違いを調整したりする中で
豊かな人間関係の中で能力を発揮して生きていける大人に育つのです。

スポンサードリンク


子どもが遊ぶことの意味関連ページ

ゲームで知育教育
子ども教育において新たなツールとしてゲームを活用することも考えていきましょう。ゲームのタイトルの中には子ども教育を主眼においたソフトも多数あります。またゲームは子ども同士のコミュニケーションツールとしての地位も確立してきています。親御さんは子どもへのゲームの弊害を取り除きつつうまくゲームを活用する事を考えていく方よいのではないでしょうか。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ