ゲームを使った知育教育

スポンサードリンク

ゲームも上手く使えば知育教育になる

子どもの遊びとして
近年ひんぱんに話題にのぼるのはゲームです。

 

今やゲームのない家庭はないと言っていいくらいゲームが日本国中に普及しています。
今の子どもたちのほとんどが生まれたときからゲームのある環境で育っているのです。

 

ゲームは大人でも夢中になるほど魅力的なものなので
子どももすぐに夢中になります。
これをプラスに利用して幼児教育のゲームなども多数出ています。

  • 言語や文字のゲーム
  • 数や色や形のゲーム
  • 身体能力を高めるゲーム
  • 音楽に親しむゲーム
  • 集中力や思考力を高めるゲーム

などその種類もさまざまです。

 

楽しみながら、身体的、知的能力を高め、情緒も養う
という意味で教育に活用している家庭は多いようです。

子ども同士のコミュニケーションとしてのゲーム

ゲームはまた子ども同士のコミュニケーションツールとしても
近年大きな位置を占めるようになっています。

 

特に小学生以上の子どもにとっては
放課後外で遊ぶよりも友だちの家にゲームをしに行く
という光景がごく一般的なことになりました。

 

友だちと一緒にゲームを楽しむ時間の中で
一体感が味わえるのは子どもたちにとっては大きな喜びのようです。
またルールを決めて順番に行うといった中で協調性が養われていくという面もあるでしょう。

 

ただ子ども一人ひとりが自分のゲーム機に向かっているだけ
という光景もよく見られます。

 

これは子どもが遊ぶ風景としてはあまりにも寂しいもの。
ゲームは数ある遊びの中の一つととらえ
ゲームだけに集中しないように親御さんも注意して見ていきたいものです。

スポンサードリンク


ゲームを使った知育教育関連ページ

遊ぶことの意味
子ども同士で遊ぶことにはたくさんの意味があります。体の発達や知能の開発、情緒の育み。人間社会で生活する上での人間関係を作る力も身につきます。勉強と遊びの両立こそが子どもの教育に一番大切であると言えるのではないでしょうか。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ