効果的な英語教育とは

スポンサードリンク

効果的な英語教育とは

最近英語教育に熱心な親御さんが増えています。
身近にも0歳児から通える英会話学校があったり
胎児のときから聞かせると良いという英会話CDがあったり
早期英語教育の白熱ぶりには目を見張るものがあります。

 

熱心な家庭では

  • 家での家族同士の会話をすべて英会話にする
  • 英語のCDやDVDを常時流しておく

といった光景も見られるようです。

 

幼いうちから英語に親しませること自体は大変いいことなのですが
あまりにも高額な費用がかかるような教室や
使い切れるかどうかわからないほど多くの教材のセット販売の購入には慎重になるに越したことはありません。

 

どんな習い事もそうですが
柔軟な乳幼児期とは言っても行きすぎると子どもには負担になってしまうのです。
親御さんのほうも子どもの輝く将来のために英語を身につけさせたい
という初心をしだいに見失い高いお金を払ったのにと
やっきになってとり組ませるようになってはまさに本末転倒になってしまいます。

 

また英会話ができるようになったのはいいけれど
肝心な母国語がおろそかになってしまうと警告する説もあります。

 

英語を話せることも国際人の重要な条件ですが

日本のことをよく知り日本のことを日本の言葉できちんと語れる大人こそが国際人

となりうるのだという基本を忘れてはいけません。
英語はそのためのツールとしてあとからついてくるものなのです。

 

英語を学ばせるならあくまでも

子ども本人が楽しみながら、喜びながら、吸収できる範囲で行うべきでしょう。

子どもの意欲や興味がまずあってこそ英語教育は効果を発揮するのです。
そういう点を考慮した教材や教室なら安心してとり組ませていいと思います。

スポンサードリンク


効果的な英語教育とは関連ページ

幼児期の英語教育
近年社会の国際化で英語を必要とされる機会が増えてきたことにより英語力のニーズが高まっています。これからの子ども教育も英語力が一つのキーワードになってくると思われます。では子どもに英語力を身につけさせるにはどうしたらよいのでしょう。それは子どもが日本語を覚え始める頃一緒に英語にも触れさせてあげればよいのです。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ