幼児期の英語教育

スポンサードリンク

英語教育を幼児期に始めるメリット

英語教育は乳幼児の時期から始めると良い
としている教材にはたいてい次のようなうたい文句があります。

 

つまりアメリカ人やイギリス人の子どもが赤ちゃんのときから英語を聞いて育つように

日本人の子どもも赤ちゃんのときから英語を聞いて育てば自然にネイティブと同じような英語力が身につくというのです。

 

たとえばLとRの音の区別は日本人が大変不得意なところです。
しかし赤ちゃんのときから聞いていればLとR
たとえばLa(ラ)とRa(ラ)をはっきりと聞き分けられるし発音も明瞭に区別できるというのです。

 

また幼い頃から英語を始めることのメリットとして
子どもはわからないことに対しても意欲と興味を持って楽しく挑むことができるということが挙げられます。

 

とかく日本人が苦手だという英語もこの時期に始めれば一生抵抗なく親しんでいけるだろうというのです。
日本人が英語が苦手である原因として

  • 長いこと文法重視の授業が行われていた
  • 会話力が磨かれてこなかった
  • コミュニケーションのツールとしての英語ではなく受験のための英語が教えられてきた

といったことが指摘されています。

 

その意味では幼いうちから英語に親しむのは大変いいことなのでしょう。
世間には英語を教える教室だけでなく英語を使ったリトミック教室などもあり
楽しみながら英語と親しむ場が増えているのは
国際社会の中で生きていくこれからの子どもたちにとっていいことだと思われます。

スポンサードリンク


幼児期の英語教育関連ページ

効果的な英語教育
言語の習得に最適な時期というのは脳科学の見地から1歳〜6歳頃と言われています。これは母国語としての言語を習得する時の話です。子どもが見聞きして日本語を習得する時期に合わせて英語も同じように触れさせれば母国語として英語を習得させることができるとも言えます。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ