家庭でもできる教育法

スポンサードリンク

子ども教育は家庭でできる

子ども教育というと

  • 何かを教室に習いに行かせること
  • 英才教育や早期教育を受けさせること
  • 高い教材を買い与えること

そんな特別なイメージでとらえてはいないでしょうか。

 

あるいは
シュタイナー教育モンテッソーリ教育の難しい理論の本を読んで
親がまず勉強しなければできないことだと思っていませんか?

 

決してそんなことはないのです。

子どもの教育の場として一番重要なのは家庭です。

それも家庭での日常の生活です。

 

なにも教育の場として完璧な環境を家庭の中に整えなさいというわけではありません。
ふだんの暮らし何げなく行っているしつけそして親が見せている姿そのものが
子ども教育にとっては何よりも大事になるのです。

  • 三つ子の魂百まで
  • 親の背を見て子は育つ

古くからあるこの二つの言葉は重要な真理をついているのです。

家庭で親ができること

具体的にどのようなことが子どもにとっていい教育になるかというと
勉強に関することで言えば本を読む習慣などが挙げられるでしょう。

 

本を読む習慣はあらゆる学力に通じます。

またテレビや新聞などを通じて社会のニュースに興味を持たせることも大事です。

 

ただテレビやゲームはだらだらと時間をすごしてしまうことにもなりかねないので
時間を区切ってふれさせるようにすることも大切です。
お手伝いをさせることも非常に大切です。

 

学力があっても生活を営む基本的な能力がなければ
大きくなったときに一人暮らしもできませんし結婚するときにも本人が困ってしまいます。
家事をさせることは幼児期、児童期にぜひ身につけさせたい問題解決能力のブラッシュアップにもつながります。

スポンサードリンク


家庭でもできる教育法関連ページ

子ども教育の思想について
世界には古くから優れた教育思想がたくさんあります。保育園や幼稚園で取り入れられている教育方針も有名な教育思想を基にされています。シュタイナー教育やモンテッソーリ教育がそれにあたります。親御さんもぜひこれらの教育思想について知り、家庭での子ども教育に活かしていただきたいと思います。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ