子ども教育の思想について

スポンサードリンク

子ども教育思想について勉強しましょう

世界には優れた教育思想がたくさんあります。

それらは時代を経ても古びることのない真理を現代に生きる私たちに伝えてくれています。

 

たとえば啓蒙思想家のルソー

  • 子どもには子ども特有の世界があること
  • 成長に応じて異なる子ども期があること

を発見し発達という概念を初めて導入しました。

 

古いところでは古代ギリシャのソクラテスも優れた教育思想を残しました。

有名なのは対話することを通じて相手に自分の無知を自覚させるという問答法です。

シュタイナー教育とは

シュタイナー教育は日本で最もよく知られている海外の教育思想の一つでしょう。

シュタイナー教育とは20世紀初めのオーストリアでルドルフ・シュタイナーが提唱した教育方法です。

その特徴は人間の存在を

  • 自我
  • アストラル体
  • エーテル体
  • 肉体

の4層に分けて理解していること。

 

そして人間の成長を7年ごとの区切りで理解していることです。

そして生後21年間のうちに世界の「真善美」を理解し世界との一体感を体得して自由かつ自律的に生きられるようになることを目指します。

 

具体的な教育方法として

  • オイリュトミー
  • フォルメン
  • 水彩画

といった独自のメソッドがあります。

モンテッソーリ教育とは

モンテッソーリ教育も日本でよく知られている教育方法です。

イタリアの最初の女性医学博士であるマリア・モンテッソーリが提唱したモンテッソーリ教育
もともとは障害児教育を目的としたものでした。
その目的は自立した子どもを育てること
自発的な活動に好きなだけ取り組ませその環境を保障することを特徴としています。

 

また特定の能力が伸びやすい時期である敏感期に注目し
それに合わせた

  • 感覚教育
  • 言語教育
  • 算数教育
  • 文化教育

を行っています。

スポンサードリンク


子ども教育の思想について関連ページ

家庭でもできる教育法
子ども教育は教育思想だけでなく家庭での日常生活も子どもにとっては教育の場といえます。子どもは親の背中を見て育つと言われます。子どもは親の言動や行動に大きな影響を受けています。完璧な教育環境等は必要ありません。親として人として子どもと真正面から向き合うことが一番大切なのではないでしょうか。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ