教育方針を決める

スポンサードリンク

親ではなく子どものための教育方針を

スポーツや音楽などでは早いうちから専門家の先生につかせて集中的に訓練を受けさせることがあります。
うまくいく場合も多いのですが子どもの適性ややる気に見合っていないと本人が苦しむことにもなりかねません。

 

外国語のネイティブ並みの発音や絶対音感の修得は幼いときに始めないと間に合わない

といった説から早期教育に駆り立てられる親御さんもいるようです。
これも子どもたちにはいいことではないでしょう。

 

親御さんの中には自分のコンプレックスから子どもに夢を託してしまう人もいます。
子どもを通じて自己実現を図ろうとするのです。

 

またママ仲間に自慢したい、親として鼻高々になりたいといった理由で

子どもの適性に合わない教育を受けさせる親もいます。

こうした教育は厳しい言い方をすれば親のためであり子どものためではありません

教育方針を決めるポイント

わが家の教育方針を考える上で
大事なのは最終的にそれが子どものためになるかどうかです。

  • 子どもがそれに取り組んでいる間夢中になっているか
  • その子にとって能力が伸ばしていく醍醐味を味わえる分野かどうか

これらを見きわめるために
たとえば習い事なら体験レッスンを受けさせるといいでしょう。
そしてあとで子どもに感想を聞きやってみたいかどうか本人の意向を聞いてみます。

 

またその場にいたときに子どもが楽しそうか目が輝いているかを親はよく観察しておきましょう。
幼稚園や小学校選びも同じです。

 

親の考えだけで選ぶのではなく一緒に見学に出かけ

  • 子ども本人がその幼稚園なり学校なりに興味を持っているか

その環境になじめそうかよく見きわめたいものです。

スポンサードリンク


教育方針を決める関連ページ

子ども教育とは何か
幼児期の子ども教育はどういった教育がいいのでしょうか。教育というと勉強というイメージが強く英才教育にばかり焦点が当たってしまいます。本来の子ども教育とは心の教育と情操教育にあります。子ども達が遊ぶこともまた体作りや社会生活を学ぶ上で大切な教育です。その上で勉強といった英才教育があることを親御さんは理解しないといけません。
知育教育や早期教育を考える
早期教育は脳科学や発達心理学の面からも、幼児期の脳の柔軟性や吸収力の高さで非常に有効と言われています。子どもの将来の可能性を拡げてあげることで本人に自信を持たせてあげることもできます。しかしながら、本人の意思に反して親御さんの意思で押し付けてしますと親子関係に悪影響が出る可能性があります。早期教育は子どもと常にコミュニケーションを取って進めていくことが大切です。
脳の発達に合わせた教育
子ども教育は心の教育や情操教育等バランスを考えた教育が大切です。偏った教育方針は子どもが成長した時に社会生活性等で弊害が出る恐れがあります。幼少期は脳が発達時期でもあり脳科学の面からも左脳と右脳をバランス良く開発していくのが有効であるとされています。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ