脳の発達に合わせた教育

スポンサードリンク

脳科学から確立された教育法とは

○○式教育法・○○式天才児を育てる法といったテーマの本や雑誌の特集があふれています。
都市部ではそうした特定のメソッドに基づいた幼児教室の看板を見かけることもあります。

 

対象は小学生ぐらいの子どもの場合もあれば
なんと0歳児から始めましょうとうたっているものもあります。

 

子どもがお母さんのお腹の中にいるときからできる「胎教」も含めて考えると
脳科学に基づいた教育法というのはもっと広い範囲を指すのかもしれません。

 

こうした教育法は脳科学の理論に基づいたもので

能力は才能の開発また芸術的なセンスや情緒を育む上でも有効であるとされています。

読み聞かせも重要な子ども教育

○○式教育法・○○式天才児を育てる法のことを知っても
うちにはお金がないから教室には通わせられないとか
何も天才に育てなくてもいいと思うなどの理由で
積極的になれない親御さんもいるでしょう。

 

しかし難しく考える必要はありません。
たとえばどんな家庭でもできる絵本などの読み聞かせも
脳の発達に合わせた立派な子ども教育と言えるのです。

 

読み聞かせは子どもが赤ちゃんのときから始めることができます。
赤ちゃんでも絵を見て言葉のリズムを楽しく聴き吸収しているのです。

 

読み聞かせは情操教育や文字の習得、想像力の増進そしてその子に読書の習慣をつける上で大変有効であると言われています。

最近では多くの幼稚園や学校で読み聞かせのカリキュラムを取りいれています。

スポンサードリンク


脳の発達に合わせた教育関連ページ

子ども教育とは何か
幼児期の子ども教育はどういった教育がいいのでしょうか。教育というと勉強というイメージが強く英才教育にばかり焦点が当たってしまいます。本来の子ども教育とは心の教育と情操教育にあります。子ども達が遊ぶこともまた体作りや社会生活を学ぶ上で大切な教育です。その上で勉強といった英才教育があることを親御さんは理解しないといけません。
知育教育や早期教育を考える
早期教育は脳科学や発達心理学の面からも、幼児期の脳の柔軟性や吸収力の高さで非常に有効と言われています。子どもの将来の可能性を拡げてあげることで本人に自信を持たせてあげることもできます。しかしながら、本人の意思に反して親御さんの意思で押し付けてしますと親子関係に悪影響が出る可能性があります。早期教育は子どもと常にコミュニケーションを取って進めていくことが大切です。
教育方針を決める
子どもの教育方針を決める上で大切なことはその教育方針が子どもためであるかどうです。親御さんが叶わなかったから子どもに夢を託す等、親の事情で子どもに押し付けるような事は子どものためになりません。仕事が忙しい等を言い訳にして子どもと向き合わずに色々な習い事だけを強制するのだけは避けなければいけません。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ