知育教育や早期教育を考える

スポンサードリンク

早期教育のメリットとデメリット

早期教育とは文字や数、音楽スポーツ、外国語などを
通常教える年齢よりも早い時期から教え始めることです。

 

子どもの脳が柔軟で吸収力が旺盛なうちに脳や体の機能を活性化させようというもので
脳科学発達心理学の理論に基づいて行われています。

 

早期教育のメリットと言えば、やはりまずは将来のその子の可能性を広げることでしょう。
また人より秀でたものを身につけさせることで自信を持たせることもできます。

 

一方デメリットを主張する人たちもいます。

  • 早期教育が必要だとする学説の根拠は曖昧である
  • 知育に偏りすぎた教育は子どもの総合的な成長といった観点から見ると決していいこととは言えない

といった理由です。

子どものための早期教育を考えましょう

デメリットとして親子関係に悪影響が出かねないとする説もあります。

早期教育はほとんどの場合子ども本人ではなく親やまわりの大人の意志で始めるものです。

 

本人の適性や興味やる気とは別に物心ついた頃には始めているのが早期教育なのです。
厳しい訓練も行きすぎれば子どもの健やかな成長に悪影響を与えかねないでしょう。
早期教育を始めるときは子どものためにいいことかどうかという視点を大事にしたいものです。

 

もちろん早期教育がうまくいくケースもたくさんあります。

スポーツで活躍している選手たちや音楽家たちの多くは早期教育や英才教育を受けてきました。

要はその子の適性です。
またベースにある親子の信頼関係が強固なものであるかどうかが非常に大事になってくるのです。

スポンサードリンク


知育教育や早期教育を考える関連ページ

子ども教育とは何か
幼児期の子ども教育はどういった教育がいいのでしょうか。教育というと勉強というイメージが強く英才教育にばかり焦点が当たってしまいます。本来の子ども教育とは心の教育と情操教育にあります。子ども達が遊ぶこともまた体作りや社会生活を学ぶ上で大切な教育です。その上で勉強といった英才教育があることを親御さんは理解しないといけません。
脳の発達に合わせた教育
子ども教育は心の教育や情操教育等バランスを考えた教育が大切です。偏った教育方針は子どもが成長した時に社会生活性等で弊害が出る恐れがあります。幼少期は脳が発達時期でもあり脳科学の面からも左脳と右脳をバランス良く開発していくのが有効であるとされています。
教育方針を決める
子どもの教育方針を決める上で大切なことはその教育方針が子どもためであるかどうです。親御さんが叶わなかったから子どもに夢を託す等、親の事情で子どもに押し付けるような事は子どものためになりません。仕事が忙しい等を言い訳にして子どもと向き合わずに色々な習い事だけを強制するのだけは避けなければいけません。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ