子ども教育とは何か

スポンサードリンク

子ども教育とは何かを考えましょう

あなたが考える子ども教育とはどのようなものでしょうか。
学業優秀な子どもに育つように
熱心な早期教育を行ったり幼いうちからお受験のレースに乗せることも
ひとつの選択と言えるでしょう。

 

水泳やバレエやピアノなど何か一つの技術に秀でるように英才教育を行うのもひとつかもしれません。
これらとは正反対にのびのびと自由に体を動かして外で遊ばせることを大事にしたい親御さんもいて
それもひとつの立派な子ども教育だと思います。

あなたの両親の教育を思い出してみましょう

ここであなたの子ども時代を思い出してみてください。

あなたのご両親はあなたにどんな教育をしていましたか?

 

ご両親が日々の暮らしの中で教えてくれていた人として大切なこと。

ご両親がしつけてくれた挨拶などの生活習慣
ご両親の影響で自然に身についた読書や運動の習慣

 

ふり返ると「今の自分があるのは両親のおかげ」と
多くのことに思い当たるのではないでしょうか。

 

あるいは逆に「両親はこの点に甘かったから今の自分には少しだらしないところがある」
といったマイナス面もあったかもしれません。

 

いずれにしてもご両親がしてくれたことをふり返ること

自分自身がする子ども教育を考えるうえで重要なヒントになることでしょう。

心の教育と情操教育

教育というと能力や才能の開発の面がクローズアップされやすい傾向がありますが
一番大事なのは「心の教育」ではないかと思います。

 

幼いときに大人から愛情をいっぱい受けながら
素直でやさしく強く前向きな心を育めているかどうかが非常に大事なことなのです。

 

「心」が育めていれば大人になってからも人間関係や社会生活を順調に送れますし能力や才能も開花しやすくまた発揮もしやすくなるのです。

スポンサードリンク


子ども教育とは何か関連ページ

知育教育や早期教育を考える
早期教育は脳科学や発達心理学の面からも、幼児期の脳の柔軟性や吸収力の高さで非常に有効と言われています。子どもの将来の可能性を拡げてあげることで本人に自信を持たせてあげることもできます。しかしながら、本人の意思に反して親御さんの意思で押し付けてしますと親子関係に悪影響が出る可能性があります。早期教育は子どもと常にコミュニケーションを取って進めていくことが大切です。
脳の発達に合わせた教育
子ども教育は心の教育や情操教育等バランスを考えた教育が大切です。偏った教育方針は子どもが成長した時に社会生活性等で弊害が出る恐れがあります。幼少期は脳が発達時期でもあり脳科学の面からも左脳と右脳をバランス良く開発していくのが有効であるとされています。
教育方針を決める
子どもの教育方針を決める上で大切なことはその教育方針が子どもためであるかどうです。親御さんが叶わなかったから子どもに夢を託す等、親の事情で子どもに押し付けるような事は子どものためになりません。仕事が忙しい等を言い訳にして子どもと向き合わずに色々な習い事だけを強制するのだけは避けなければいけません。

トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ