親が考えるべき事

子ども教育について考える

核家族化や近所付き合いのない社会生活などで
周りの家族と情報交換して子ども教育について考える機会が減った今
子ども教育について自分達で考えて実践していかないといけない時代となりました。

 

幼児期の子ども教育はとても大切な事です。
一度家族で真剣に子ども教育について考えてみてはいかがでしょうか。

親が考えるべき事記事一覧

子ども教育とは何か

あなたが考える子ども教育とはどのようなものでしょうか。学業優秀な子どもに育つように熱心な早期教育を行ったり幼いうちからお受験のレースに乗せることもひとつの選択と言えるでしょう。水泳やバレエやピアノなど何か一つの技術に秀でるように英才教育を行うのもひとつかもしれません。これらとは正反対にのびのびと自由...

≫続きを読む

知育教育や早期教育を考える

早期教育とは文字や数、音楽スポーツ、外国語などを通常教える年齢よりも早い時期から教え始めることです。子どもの脳が柔軟で吸収力が旺盛なうちに脳や体の機能を活性化させようというもので脳科学や発達心理学の理論に基づいて行われています。早期教育のメリットと言えば、やはりまずは将来のその子の可能性を広げること...

≫続きを読む

脳の発達に合わせた教育

○○式教育法・○○式天才児を育てる法といったテーマの本や雑誌の特集があふれています。都市部ではそうした特定のメソッドに基づいた幼児教室の看板を見かけることもあります。対象は小学生ぐらいの子どもの場合もあればなんと0歳児から始めましょうとうたっているものもあります。子どもがお母さんのお腹の中にいるとき...

≫続きを読む

教育方針を決める

スポーツや音楽などでは早いうちから専門家の先生につかせて集中的に訓練を受けさせることがあります。うまくいく場合も多いのですが子どもの適性ややる気に見合っていないと本人が苦しむことにもなりかねません。外国語のネイティブ並みの発音や絶対音感の修得は幼いときに始めないと間に合わないといった説から早期教育に...

≫続きを読む


トップページ 親が考えるべき事 親が知るべき事 英語教育について 遊びの中で学ぶ